FC2ブログ

お別れ会ービシュヌさん

2018.07.18.09:00

37321522_2282859615292271_8138198826683990016_n.jpg

セワ・ケンドラで
先日退職した 用務員のビシュヌさんの
お別れ会が行われた。

感謝状を受け取るビシュヌさん。


37267201_2282859368625629_3601322917985517568_n.jpg

ビシュヌさんから
通所者一人一人にお菓子が・・・・・


37249009_2282859048625661_2262512853690875904_n.jpg

ディレクターの
ラム・ナラヤン(ダミアン)から・・・・


37235550_2282859001958999_4839314895658811392_n.jpg


みんなにプレゼントを。

もう15年も付き合ってきた子もいるんだものね。

セワを立ち上げたときからのスタッフ・・・・

37225237_2282859225292310_1885921638617186304_n.jpg



最初、
この二人(ジュリアナ先生とビシュヌさん、そして
すでに結婚退職したスナ先生と・・・
現場は三人で始めた。

ダミアン先生はシシュビカス・ケンドラとの兼務だった。

37329539_2282858931959006_85957220604313600_n.jpg

せわの女性スタッフたちと。

前列左が
新しい用務員のマデュさん。

これからセワ・ファミリーの一員として
がんばってくれることだろう。


  *****    こぼれ話   ****

現場の人事はダミアンさんに任せてあるので
報告を受けるだけなのだが
ビシュヌさんの退職には 正直驚いた。

彼女は母子家庭。
まだ小学生の子どもがいる。
上の二人の息子はすでに成人して結婚しているが
母親と幼い弟を養える力はない。

セワ・ケンドラで働くことで
給料と、家賃補助と子ども手当が出ていた。

セワは病欠などにも理解のある職場と同僚たちだった。

大きな手術や治療の時は大天使ミヤや私が援助したりと。

これらから離れて、彼女はこれからどうするのだろう・・・・

アカナ会も実のところ、セワ・ケンドラの運営費さえもまかないきれない状態。
個人的にも援助はむずかしい。

ビシュヌさんのような人はネパールには五万といるとはいうものの
胸が痛む。



theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ビシュヌさん、今までありがとう!

2018.07.16.10:00

P9010692.jpg
        (セワの遠足に行った時のビシュヌさんと息子のローソン)


セワ・ケンドラ設立当初からのスタッフ、
用務員のビシュヌさんがセワを辞めた。

ずいぶん前から病気と太り過ぎ?で
セワの仕事を満足にこなせず、
長男の奥さんが代わりにセワに出勤している状態だったそうだ。

P9010746.jpg

用務員として、
主に台所の仕事と買い物を担当していた。

通所者たちにも慕われ、楽し気に仕事をしていたのだが・・・・・
病気とあらば仕方ない。

35628563_2255082151403351_5591331435458854912_n.jpg

新しい用務員さんはこの人。
マニ・サラブジャさん

セワ・ケンドラのマイナ先生のご主人からの紹介。

この国での就職はほぼ「コネ」

35829475_2255082081403358_7231276109441007616_n.jpg


送られてきた写真がピンボケだけど・・・
楽し気に仕事をしているのはわかる。

マニさん、これからもよろしく!!




********   こぼれ話  *****

それにしても
気になるのはビシュヌさんとローソンのその後。

どのように暮らしているのだろう?
セワにいるときは
家賃補助、子ども手当、ボーナスなど、ネパールにはない制度もあって
給料以外でもいくらかの足しになっていたと思うのだが。

それに、彼女の治療費と手術代、
実は大天使ミヤとスッカとがお金を出している。
(給料の何か月分にもなる)
結果が気になるが・・・・

セワを離れてもなんとか幸せに暮らしていてほしい。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

スペシャルオリンピックス!! 活躍したよ。

2018.07.14.17:00

36379583_1730186743736379_5459846096933093376_n.jpg
  (賞状を手にしたサーガル、ラジュ、リティカ)

七月初め、ネパールでのスペシャルオリンピックスに
セワ・ケンドラからの代表も出た。

スペシャルオリンピックスは、知的障害者のための競技会。
いつもどこかで開催されているのだとか。

36379008_1730186813736372_4328537013788606464_n.jpg

ローカルな運動会のような家庭的な競技会。

36451504_2200197833327732_1497786839942037504_n.jpg

ラジュがメダルをかけてもらう。

36455638_1730186923736361_7061349834363502592_n.jpg

選手三名と先生二人が招かれた。
今回は
マイナ先生とチャーダニ先生が付き添う。

36468171_2200194959994686_1292369334542270464_n.jpg


リティカも一等賞!!

36513696_2200194913328024_1991624400134209536_n.jpg

がんばれ~~~!  リティカ!!


36519236_2200151033332412_1858512806601555968_n.jpg


入場行進はセワ・ケンドラの横断幕を掲げて。

36553182_1730186753736378_3146484910676508672_n.jpg

エティハド航空がスポンサーみたいね。

36611286_2200151179999064_6647465697431519232_n.jpg

もう一度、
セワの代表に敬意!!

よくがんばったね。


  ****    こぼれ話   *****


セワができて間もないころは
招待選手とスタッフ以外も

通所者全員と残りのスタッフ、希望する父母みんなで
スペシャルオリンピックスに出かけて行って
楽しく応援したものだった。

お泊りしてのおでかけに
みんな大喜びだった。
先生たちの負担は増えるけど
父兄も協力してくれて
とても楽しいイベントだった。

今のアカナ会、セワ・ケンドラには
そんな経済的余裕がないのが残念だけど
仕方ない。

セ・ケンドラのみんなが「ファミリー」と呼んで
いつも仲が良いのは
一つ一つのこのような思い出を共有してきたから。

今までも
これからも・・・・

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

韓国のグループのワークショップ

2018.02.09.12:30

P1150624.jpg


ほら、こんなにすてきな
アロマ・キャンドル!!

P1160689.jpg

韓国から、7人のグループ、通訳2名、のお客様。

5日間にわたるワークショップをやってくださる。

今回はアロマ・キャンドル。

P1160693.jpg

三つのグループに分かれて
手取り足取りの指導。

楽しいよね。

P1160698.jpg

材料も道具も、みな持ってきてくださった。

これはキャンドルの原料を溶かしているところ。


P1160696.jpg


Kaedeちゃんも参加。


P1160700.jpg

きれいな色をつけて・・・

形も型抜きで。

P1160699.jpg


サンカルパは作業に参加はできないけど、
にぎやかなのが楽しそう。

P1160732.jpg

マイナ先生とプジャ。

プジャも作業は無理だけど
先生が付き添ってなかまいり。


P1160734.jpg

この韓国のグループは
セワのみんなにパンとソーセージとジュースを
持ってきてくださる。

P1160733.jpg

みんなでごちそうになります!!


P1160738.jpg


Kaedeちゃんとラム・ナラヤン(ダミアン)さんも、
いただきます!!

アロマキャンドル作りは三日間続き、
そのあと、セワのみんなを遠足に連れて行ってくださったそうだ。



韓国の「ナマステ・サティハル」のみなさま、
たくさんのご奉仕をありがとうございました。


P1150623.jpg

ほら、海の中を再現したキャンドルも。

P1150622.jpg

きれいなキャンドル。

いつかセワのメンバーだけで作れるようになって
ポカラのレイクサイドのホテルやレストランで売れるといいな。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

セワ・ケンドラのおとなり、工事が進行中

2018.02.07.12:00

P1140409.jpg

となりの土地からセワ・ケンドラを望む。

今回の訪問で、セワ・ケンドラのとなりの土地に
建物が建つことがわかった。

P1140399.jpg


敷地ぎりぎりまで建つようだ。


P1140405.jpg

建つのは三階建てか?

完成したら、
セワは暗くなるだろうな。




P1140403.jpg


横の裏の家も、
一階建てを三階に増築中。



ここはポカラでも便利な良い場所。
となりの土地がいつまでも空き地であるわけはないことは
ずっと前からわかっていた。

だからこそ、
セワの建物に3階・4階の増築を急いで決行したのだから。

隣近所とも仲良く友好的にやっていくのが
セワ・ケンドラの流儀。

お隣さんは、ラム・ナラヤン(ダミアン)さんの弟さんご一家。
きっと
すてきな隣人になってくださるだろう。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

スッカ

Author:スッカ
セワ・ケンドラの日々ーみんな、生まれてきてよかったね!
のブログへようこそ!!!
ネパールはポカラにある知的障害者通所施設、セワ・ケンドラを作り、運営してきて10年、日本の事務局をやっているスッカ(ネパール語でしあわせ)です。
代表は「大天使ミヤ」
日本から経済面のサポートをしつつ、現地での交流を続けています。
次なる10年にむけて、Go!!!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR