FC2ブログ

セワからのプレゼント

2018.01.04.10:00



毎年の楽しみは、

暮れに届くセワ ケンドラのカレンダー。



はい、我が家でも

飾ってます。



それから、

セワの通所者とスタッフの共作の

クリスマスカード。





中の日本語のおたよりは、ミナ先生が書いている。 
一枚一枚、手書き。
ミナ先生は、日本で10年も暮らしたことがあるのだ。

そして、スタッフと字の書ける通所者のサイン。




この絵も、
何か月も前から、通所者たちは先生の見本をまねて少しずつ描いている。

セワからの心を込めたプレゼント。



***********  こぼれ話

年の暮れ近くになると、
スッカ(安達)のところには、セワのサポーターからメールやラインがよく届く。

「セワ・ケンドラからカレンダーが届いたよ。ありがとう」

「手書きのクリスマス・カード、今年もかわいいのが来たわ」 などなど。

実は、カレンダーもクリスマス・カードも
住所録や住所シールがスッカが日本から送っている。

今年は12月に入ってもセワに住所シールが届いていなくて
ラム・ナラヤン(ダミアン)さんから 「まだ届かない」と連絡があったときは焦った。

ネパールの郵便事情ではありがちなことだけど、
ここ数年、しっかり一度でとどいていたから油断していた。

あわててもう一組、住所シールを作って郵送する。

ネパール宛は「速達」も「EMS」もない。

うまく届くかなぁ・・・・日本をうまく出ても、むこうの状況が悪いとだめだし・・・・

いつも、サポーターのどなたかから「届いたよ~ ありがとう」 のメールが
あるまでは ハラハラしている。

今回は、クリスマスには間に合わなかったけど、
なんとか年内に届いた模様。

セワを支えてくださるみなさまへ、アカナ会とセワ・ケンドラからの
ささやかな感謝のしるし。

今年も、セワのためによろしく!!!!





theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

No title

2018.01.05.09:55

私はいつも、この誕生日ケーキの「飾り?」の技術に感心するのです。日本だったらきっと「許可」も下りないだろうな?と思われるようなちっちゃなパン屋さんで作られることが多く、この人がパティシエ?と思ってしまうお兄ちゃんが、ささっときれいなバラなんか作ってしまうのです。
☆私はケーキ飾りの検定試験の事を思い出し、あのころの私に、このお兄ちゃんの技術を見せてやりたいと・・いつも思うのです。



月謝に関しては…う~~ンと考えることが多いのです。
生産性も補助金もゼロのところでは維持するためには必要な経費である…なんて考えると年間予算の人数割り・・と云うような単純計算からすると「1カ月1人当たり5000円」は、となるでしょう。
私立学校の月謝が10000円であるところが多くみられるようになっている現在、どうでしょうか?
セワの職員の月収から考えると、セワに通わすことが困難になってくる家庭が90%は超えるでしょう。
いつまでも「アカナ会」からの支援が続けられるとは私自身考えてはいません。セワケンドラに理解を下さるグループ探しをしていく必要性にもかられています。どうか神様(神頼みばかりのミヤでごめんなさい良い方向になりますようお導き下さいませ・・・です。)

プロフィール

スッカ

Author:スッカ
セワ・ケンドラの日々ーみんな、生まれてきてよかったね!
のブログへようこそ!!!
ネパールはポカラにある知的障害者通所施設、セワ・ケンドラを作り、運営してきて10年、日本の事務局をやっているスッカ(ネパール語でしあわせ)です。
代表は「大天使ミヤ」
日本から経済面のサポートをしつつ、現地での交流を続けています。
次なる10年にむけて、Go!!!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR