FC2ブログ

2018年もこのカレンダーで!

2018.01.31.00:21

fc2blog_20180102153408e63.jpg


毎年、年末に
セワ・ケンドラの支援者たちにお送りする
ネパール製のカレンダー。

内容はもちろん、日本仕様。

こうぞやミツマタを使ったネパール紙で作られ、
彩色は手書き。


fc2blog_20180102154927e60.jpg


これは
毎年みなさまに好評。

掛ける場所を決めて、楽しみにしてくださる方も。

fc2blog_20180102153432451.jpg

それに
セワ・ケンドラのみんなの写真のついた
手作りのカードも。

これもお楽しみ。

fc2blog_201801021628508f4.jpg

つたなくとも
ていねいに、
心をこめて・・・・

fc2blog_20180102162804948.jpg

スタッフや、名前が書ける子のサインも。

ミナ先生の手書きのメッセージも
印刷でもコピーでもなく
一枚一枚、日本語で。

年に一度、
感謝を込めて
セワ・ケンドラよりみなさまへ。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

広島学院生、今年も年末に。

2018.01.27.12:00

募金写真2 (1)

昨年末、
今回も広島学院中三生が
広島の街角で募金を呼びかけた。

いまや
同校の伝統行事となっているという。

師走の厳寒のなか
生徒さんたちはコートも着ずに街頭に立つ。



集まった募金は、
世界のあちこちの貧しい人々、困っている人々に贈られるという。

今回も
セワ・ケンドラはその一部をご寄付いただいた。

毎年、セワ・ケンドラを心に留めおいていただいて、
こうしてご寄付いただけることに
我々も心してセワの支援をしていかねばと
あらためて肝に銘じる。


募金写真1

彼らの立ち姿、お辞儀の姿の美しさ、凛々しさ、
ご家庭と広島学院の教育の賜物だろう。

寒さの中、ほんとにありがとうございました!!!


theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

あぁ、サリタ!!

2018.01.06.10:00

24909832_1956613427686175_4129376303651191588_n.jpg

セワ・ケンドラに長く通っていたサリタが天に召された。

昨年、12月10日。

自宅で。  心臓発作とか・・・

数日前までセワにも 普通に通ってきていたそうな。

体調をくずしているとかでお休みしてすぐのこと。


26177006_1980217625325755_273073401_n.jpg

セワ・ケンドラの靴箱の前で。

母親のムナ・マヤさんとサリタ。

P8240088.jpg


セワでの自由時間に マイナ先生がサリタの手をとっている。
 (中央前向き、グレーのブラウスの子)

たくさんの
たのしい時間を、セワで、セワのみんなと一緒にすごしたよね。

いつも、ほんとにニコニコしていたサリタ。

目もほとんど見えず、体も弱く、話すこともできず、知的障害の程度も重かったけど
セワでの時間をたのしんでいることだけは
スッカにもわかった。

「楽しい時間をすごしてほしい」

セワはそのためにある。

サリタは、セワで良い時間をすごしたと信じる。


  ***********  こぼれ話

サリタのお母さんは、ジョティ・ケンドラという日本人シスターがなさる幼児園のスタッフ。

セワもまだなかった
ジョティ開所当時、大天使ミヤ(宮内)もスッカ(安達)も
ジョティ・ケンドラに住み込みみたいに入りびたってボランティアをしていた。

サリタのお母さんのムナ・マヤさんは、お掃除のスタッフだった。
当時、小さな幼児だったサリタをおんぶして
スックンバシ(スラム街)から通っていた。

ムナ・マヤさんは最初、出勤簿に自分の名前をサインすることもできなかった。
そんなスタッフは何人もいた。

大天使ミヤは、サリタの姉が中学に入るとき、制服のプリーツスカートを
縫ってやっていた。
ムナ・マヤさんは、戒律の厳しい宗派のヒンドゥー教徒なので、食事に制限が多く、
ジョティ・ケンドラにほかのスタッフとは別に、自分で持ってきたお弁当を食べていた。

大天使ミヤもスッカも、そのおすそ分けによくあずかった。

サリタはジョティ・ケンドラの通所者でもあった。
知的障害のあって、怒ると乱暴になるサリタは
体が大きくなるとほかの小さな幼児には「危ない」存在になってきた。

イエズス会の大木神父様のなさる障害児学校シシュビカス・ケンドラを経て
セワ・ケンドラにきた。

ムナ・マヤさんは、セワまで遠い道のりだが朝に夕にサリタの送り迎えをして、
昼間はジョティ・ケンドラで働いていた。

サリタは、セワでは落ち着いていた。
楽しげだった。

サリタの人生の最期は、セワの子だった。
セワの子として逝った。

スッカはもうじきポカラを訪問する。
ムナ・マヤさんとサリタを偲びたい。







theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

セワからのプレゼント

2018.01.04.10:00



毎年の楽しみは、

暮れに届くセワ ケンドラのカレンダー。



はい、我が家でも

飾ってます。



それから、

セワの通所者とスタッフの共作の

クリスマスカード。





中の日本語のおたよりは、ミナ先生が書いている。 
一枚一枚、手書き。
ミナ先生は、日本で10年も暮らしたことがあるのだ。

そして、スタッフと字の書ける通所者のサイン。




この絵も、
何か月も前から、通所者たちは先生の見本をまねて少しずつ描いている。

セワからの心を込めたプレゼント。



***********  こぼれ話

年の暮れ近くになると、
スッカ(安達)のところには、セワのサポーターからメールやラインがよく届く。

「セワ・ケンドラからカレンダーが届いたよ。ありがとう」

「手書きのクリスマス・カード、今年もかわいいのが来たわ」 などなど。

実は、カレンダーもクリスマス・カードも
住所録や住所シールがスッカが日本から送っている。

今年は12月に入ってもセワに住所シールが届いていなくて
ラム・ナラヤン(ダミアン)さんから 「まだ届かない」と連絡があったときは焦った。

ネパールの郵便事情ではありがちなことだけど、
ここ数年、しっかり一度でとどいていたから油断していた。

あわててもう一組、住所シールを作って郵送する。

ネパール宛は「速達」も「EMS」もない。

うまく届くかなぁ・・・・日本をうまく出ても、むこうの状況が悪いとだめだし・・・・

いつも、サポーターのどなたかから「届いたよ~ ありがとう」 のメールが
あるまでは ハラハラしている。

今回は、クリスマスには間に合わなかったけど、
なんとか年内に届いた模様。

セワを支えてくださるみなさまへ、アカナ会とセワ・ケンドラからの
ささやかな感謝のしるし。

今年も、セワのためによろしく!!!!





theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

こんどはプラビンの誕生日

2018.01.02.15:20

明けましておめでとうございます。
今年もセワ・ケンドラは楽しくスタート!!(予定)

よろしくお願い申し上げます。


25995068_1977052805642237_7311583381358766880_n.jpg


セワ・ケンドラから、
こんどはプラビンのお誕生日会のようすが
届いた。

25994835_1977052888975562_8733618388305312114_n.jpg

なか二人がプラビンとお母さん。

両側は 左ジュリアナ先生、右マイナ先生。

26166150_1977055198975331_3186797673843477141_n.jpg

お母さんもいっしょに
お祈りしてからカジャ(軽食)をいただく。


26169901_1977055288975322_7609731479840806259_n.jpg


はーい、今日の主役を囲んで
記念撮影。

プラビンとお母さんは、誕生日をみんなに祝ってもらえてハッピー!!

セワのみんなは、お祝いのケーキや果物のおすそ分けにあずかれてハッピー!!

みんなが幸せ気分の一日。


  **************  こぼれ話


実はスッカは、このプラビンを知らない。

スッカが前回訪問したあとに入所してきたのだろう。

誕生日に、セワにケーキやお菓子、果物を持って家族が来るのは
多くの場合 家族の誰かが海外に働きに行っている。

そういった人たちは、現地ではとんでもない金持ちの部類に入る。

どうだろう?
セワの月謝は日本の保育園みたいに家族の収入によって決まるというのは・・・・

今のセワの月謝は、カジャ(軽食)代にもならない500ルピー(約500円)

我々アカナ会からの支援も限界が見えてきている今、
これを考え直す時にきているのかも。


theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

スッカ

Author:スッカ
セワ・ケンドラの日々ーみんな、生まれてきてよかったね!
のブログへようこそ!!!
ネパールはポカラにある知的障害者通所施設、セワ・ケンドラを作り、運営してきて10年、日本の事務局をやっているスッカ(ネパール語でしあわせ)です。
代表は「大天使ミヤ」
日本から経済面のサポートをしつつ、現地での交流を続けています。
次なる10年にむけて、Go!!!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR