FC2ブログ

セワのスタッフが北海道に研修に!!

2016.05.30.10:00

12670596_1251493088198216_2654562152013762447_n.jpg

セワ・ケンドラの責任者、ラム・ナラヤン(ダミアン)さんが
北海道、余市郡仁木町銀山にある 
NPOさわやか福祉の「あんごの森」に研修に招かれることとなった。


12932698_982571501832041_1379371716244966498_n.jpg

あんごの森の責任者の瀬川さんとそのご一家、
グループホームに共に住む知的障害をもった方々は
今年の3月にもセワ・ケンドラを訪れてくださっている。


12987128_982568398499018_2484851089981889263_n.jpg

ほら、こぉんなたくさんの荷物を運んできてくださった。


12991120_982571615165363_5267461993722330686_n.jpg

セワのスタッフとの交流のようすは以前に
このブログにも書いた。


PA060008.jpg

あんごの森には、スッカ(安達)やタラさん(井上)は
昨年10月にも訪問させていただいている。


PA060022.jpg

みんなで畑仕事もした。

PA070048.jpg

小豆の収穫のあと。

PA060019.jpg


瀬川さんとあんごの森の方々。

ラム・ナラヤン(ダミアン)は、
ここへ、一か月ほどお世話になって生活を共にする。

さわやか福祉銀山の予算で
ラム・ナラヤン(ダミアン)さんを招いてくださるという。
たいへんありがたいことだ。

年を重ねた知的障害者の受け入れをどうしていくか、は
これからのセワ・ケンドラの大きな課題。

ラム・ナラヤン(ダミアン)さんが あんごの森で過ごすことにより
セワの将来へのヒントがいただけるかもしれない。

感謝!!

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ニューフェイスはイケメン!! 

2016.05.16.10:00

13090376_1808220582756179_1602967347_n.jpg

新学期からセワ・ケンドラにきた
アシシュ・プン    15歳

ギターも弾けるんだって!

13089958_1807112946200276_1730827589_n.jpg

ほら、なかなかのイケメン君。

セワ・ケンドラも設立12年がたち、通所者たちも
それなりに年齢が高くなってきた。

そこへこのところ、ニューフェイスが3名。

13084206_1808151546096416_415673373_n.jpg

リティカ・グルン  15歳


この笑顔をセワで守りたい!


13152750_1811257502452487_130557050_n.jpg


サンカルパ・パウデル     14歳

かわいいね。

この三人と入れ替わりに、
セワの人気者のラジュが引っ越していった。

11846302_1674072259504346_585721068_n.jpg

バザーのときのラジュ。
おせっかいで、しんせつで、おしゃべりで、楽しいラジュ。

12814028_1531552457145986_2690282538584802063_n.jpg


お勉強も彼なりに一所懸命とりくんでいたラジュ。

いっときは、弟のナラヤンくんが セワの先生をしていたときも
あったな。
いい兄弟だった。

ラジュがいないセワ、スッカ(安達)にとっては気の抜けたサイダーのよう・・・・・


13115778_1811249579119946_1732578846_n.jpg


でも、今日もセワ・ケンドラでは
新しいダンスや歌を覚えて
みなが楽しく集っている。

  ************** こぼれ話


 12年の間に、
 たくさんの子が入ってきて、そして去って行った。

 一人一人の人生の中で
「セワに来て、楽しかった時期があった」、
と思ってもらえたら、それが本望。

スタートの時からセワは
脆弱な経済基盤(後ろ盾もスポンサーもない)で、
スッカはラム・ナラヤン(ダミアン)さんに、
「いつまで続けらるかわからない」と
正直に言っていた。

彼は言った。
「それでもいいのです。
 この子たちは、セワがなかったら、毎日家の中に
 閉じ込められたりしていた子たちです。

 この子たちの人生の中で、たった数か月でも
 笑って、踊って、ほんとに楽しかったという
 ひと時を与えられただけでも いいのです」

笑い声と笑顔がいっぱいのセワ・ケンドラ。

とにかく「この一瞬」を大事にしよう・・・・・・・・


theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

セワでの祈りは続いているー熊本地震

2016.05.11.16:40

13115401_1807603449484559_24966566_n.jpg

セワ・ケンドラでの朝の集まりは、祈りで始まる。

日本で大きな災害があるたびに、
セワの支援者やそのご家族がご病気などのたびに、
そしてなにもなくてもセワのサポーターの幸福のために、

毎朝祈る。

今回の熊本・大分の地震のことも
みんなで祈っていてくれる。


13059312_1807603409484563_1593539565_n.jpg



13059312_1807603409484563_1593539565_n.jpg

無垢な心の祈りは清い、と信じて
私たちもお祈りをお願いする。

13084240_1807603466151224_1074109768_n.jpg

先生の読み上げる言葉を聞いて
それを復唱して祈る。

彼らは知的障害者。
ネパールにあっても、もちろん世界や日本のために
できることは「この世の目では」ない。



13081750_1807603416151229_1914593702_n.jpg

でも、セワのスタッフの呼びかけに応えて
いつも祈ってくれる。

これが彼らの社会への貢献。

支えてくれる日本と日本の人々への感謝。

彼ら自身がそれを自覚しているわけではない。

でも、彼らの祈りはきっと神様に届いていると思う。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

スッカ

Author:スッカ
セワ・ケンドラの日々ーみんな、生まれてきてよかったね!
のブログへようこそ!!!
ネパールはポカラにある知的障害者通所施設、セワ・ケンドラを作り、運営してきて10年、日本の事務局をやっているスッカ(ネパール語でしあわせ)です。
代表は「大天使ミヤ」
日本から経済面のサポートをしつつ、現地での交流を続けています。
次なる10年にむけて、Go!!!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR