調理は床で・・ これ普通

2014.09.28.10:00

DSC06854.jpg

  これ、なんのシーンだと思う?

 実は、セワ・ケンドラの軽食(現地ではカジャと呼ぶ)の準備のとき。

 スッカは昔、初めてネパールに行った頃、ある施設のお台所で
 「床で調理をしている」のを見てたいへん驚いたことがある。

でも、この国では普通のこと。
そのかわり、床はとてもきれいに拭き込まれ、ちりひとつない。


セワ・ケンドラでは、用務員のビシュヌさんを中心に、
三つに分かれたクラスが交代で食事作りをする。

みんなが調理ができるわけではない。
ほとんど見ているだけの子もいるけれど、できる子ができることをやることで
ちゃんと回っている。

セワ・ケンドラの通所者はみんな大人だから、量もなかなか多い。
作るのも、配膳も、片付けや洗い物もお当番制。

こんなによく働く子たち、うちにも欲しいよ。


これも10年の成果。  

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

おとこ組??

2014.09.24.10:00

DSC06878.jpg

10年前、セワ・ケンドラがスタートしたときには
みんな子どもだったのに・・・・

あれまぁ、こんなに大きくなって・・・・・

これは知的障害者通所施設、ネパールはポカラにある「セワ・ケンドラ」の男子組。

全員ではないけれど、、、


2014088.jpg


ま、スッカのみたところ、みんな仲がいいよね。
ケンカしているところなんて見たことがない!

スッカの好きなシーンは、
通学用の制服から、セワ・ケンドラで過ごすときの服に着替える時、
たとえば障害の重いスラジの着替えを
サヌや他の男の子たちも手伝ってあげているところ。

残念ながら、写真がないけど・・・・ちらりと見たことはある。

ボタンをとめてあげて、襟をなおしてあげて・・・・

お互いに、できることで助け合っている。

これがセワ・ケンドラスピリットなんだよね。

10年の積み重ね。   先生たちの努力のたまもの。


theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ぷじ「

2014.09.23.22:12

2014086.jpg





puja.jpg




DSC_0640.jpg

教室で・・・・

2014.09.19.10:00




more...

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

セワの授業はキャンドル作りも・・・・

2014.09.16.10:00


10622970_499902950145933_7585557602459599549_n.jpg


   セワ・ケンドラの作業小屋では、ちいさくてきれいなキャンドルが
   次々とできあがっていく。


  これは、11月の現地のお祭り、ティハール(光の祭り)用に作られているもの。

  この前は、ポカラで活動する韓国の修道会のシスターたちが
  お祈り用のろうそくを買い上げてくださったとか。

 2014183.jpg

   ちいさな作業小屋は
   みんなが入るときゅうくつなくらい。

   でも、みんな一所懸命作業している。


   停電も多いネパールのこと。
   中流の家庭では、チャージャーに電気を貯めておいて使ったり
   チャージ式のカンテラもよく使われているが、
   まだまだ「ろうそく」の出番は多い。

   セワ・ケンドラに来ている子たちの父兄が、市販のよりちょっと高いが
   セワで作ったものを買い上げてくれるそうだ。

   ほんのささやかな、収入源。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ミナ先生はたいこの係り

2014.09.14.10:00

20140812.jpg
  
     ネパールの民族楽器の太鼓をたたくミナ先生

セワ・ケンドラでは、国歌を唄うとき、
ランニングをするとき、この太鼓でリズムをとる。

太鼓の係りはミナ先生だ。

もう4~5年前になるだろうか、
セワ・ケンドラにきたばかりのころ、体を悪くしていたミナ先生。
10年 日本で暮らしたあと、ネパールに帰国した。

日本語ができるスタッフが欲しかったので
体が悪いことは差し引いても、彼女はセワ・ケンドラに必要な人材だと
大天使ミヤもスッカも考えた。

階段を上るのもやっとだった彼女が、みるみる元気になっていく。

これもセワ・ケンドラ マジック。

明るい笑顔と笑い声が、セワに幸せムードを運ぶ。

彼女はすてきなムードメーカー。

これからも元気でがんばってね。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

セワ・ケンドラの朝の体操はスッカにはたいへんよ。

2014.09.11.10:00

2014084.jpg

セワ・ケンドラの朝。
  朝礼のあとは、国歌の斉唱。
  そして体操の時間となる。

2014085.jpg

 今日のリーダーはジュリアナ先生

2014087.jpg

 新任のナラヤン先生も・・・・

20140811.jpg

ボランティアで来てくださっているタラさんも・・・( Inoue ネパール名 : タラ・タカリ)

2014088.jpg


 これがまた、還暦越えのスッカ( Adachi ネパール名 : スッカ・マヤ・グルン)には
なかなかの難行なのであ~~~~る!!

 けっこうな運動量なんですよ~~~~

 跳んだりはねたり、ストレッチしたり・・・

 毎朝、これだけ体操をしたら、きっと体もほぐれ、血の巡りもよくなり、
 シェイプアップにもいいだろうな。

 大天使ミヤ、どぉ?  長期で参加してみない?(笑)

 きっとスリムになりますよ~~~

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

日本のサポーターに向けてーカード作り

2014.09.08.08:45

2014092.jpg

  ブディ先生の指導の下、熱心にカードに絵を描いている。

  これは、日本で支援してくださるサポーターのみなさまにお送りする「クリスマス・カード」
  
  先生が見本を描いて、それを真似してみんなが描く。  およそ100枚。
  作業効率は決してよくない。  
  ビスターレィ、ビスターレィ、(ゆっくり、ゆっくり)

  でも、一枚一枚、心を込めて作る。

  

201409051.jpg

おっとりやさしいリム、どんな絵を描いているのかな?


201409052.jpg

目が不自由なラジュ。
どうしても紙にしがみつくような姿勢になってしまう。
でも、楽しそう、、、、


2014091.jpg

 のっぽのカピルも、
 大きくなったサヌ(小さいという意味)も、、、、

クリスマスカードと、カレンダーは、
いつも支えてくださる方々への、セワ・ケンドラとアカナ会からの感謝の贈り物。

支えられるだけではなく、
できる形で感謝を具体的に示したい、と、開所以来続いている。

セワ・ケンドラとサポーターとのつながりは一方的ではない。
いつもいつも、祈りとともに、日本のサポーターに感謝の心を新たにしている。


今回、スッカはラム・ナラヤン(ダミアン)さんから
「次回は色鉛筆を」頼まれた。

単品販売の
赤、青、黄色、緑、を25本ずつ。(一人一本)

どうしてもこの4色がすぐなくなって、単品の補充は現地ではむずかしいらしい。

帰国して、すぐに手配し、すでに入手してある。

誰か、ポカラに行く人が運んでくれないかな?




theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

サーガル、お嫁さんじまん

2014.09.07.10:00

DSC_0636.jpg

僕のお嫁さん・・・

  サーガルが、パスケースを見せてくれた。

  そこにはサーガルと、彼のスリマティ(妻)の写真がある。

  すごくうれしそう・・・ 「メロ スリマティ(僕の奥さん)」と。
  そして、サングラスもみせてくれて、 「スリマティからのプレゼント」と
  手振り身振りでおしえてくれる。

  セワ・ケンドラにいて、ときどき驚くことがあるが
  「妻をめとる」例がいくつかあるのもそのひとつ。

  経済的自立は望めないネパールの知的障害者の場合、
  親が資産家だとそういうこともあるのだろうか、と思っていたら
  ほんとに貧しい家庭にいるセワ・ケンドラの通所者の別の人の場合も
  「結婚したんだよ」 ってきいたことがあった。

  でも、その子の場合は、一年もしないでお嫁さんがほかの男の人と
  逃げてしまったそうだが・・・・
  その子はかわらず、今も楽しそうにセワ・ケンドラに通ってきている。

  サーガルの場合は、夫婦円満らしい。
  彼はやさしい。
  カジャ(軽食)のとき、となりにすわったアスミタの食事の世話をしているのを見た。
  鶏肉をほぐして食べやすくしてあげている。
  スタッフにきくと、サーガルはいつもそうしているという。

  DSC_0637.jpg

   真ん中の赤いシャツの人がサーガル

 彼は通学にバスを使う。  運転手さんたちの人気者らしく、
 どのバスに乗っても彼はバス代は要らないそうだ。

 セワ・ケンドラの遠足で路線バスを使った時も
 「サーガルの分はいらないよ」と言われたという。

 セワ・ケンドラの人たちはみんな心優しいけど、サーガルはまたとびっきり!!!

 いつか奥さんにも会いたいな。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ナラヤン先生は通信係

2014.09.05.08:09

DSC06755.jpg
    
(フリータイム。 みんな思い思いに好きな遊びをしている)

今回のセワ・ケンドラ訪問での大きな収穫は
新入りのナラヤン KC 先生の働きぶりを確認できたこと。

帰国まぎわに彼に頼んだ。

セワ・ケンドラの日常の写真を撮って、私のメールアドレス宛てにときどき送って、と。

帰国して二日目、届いた!!!   
この素早さ、ネパールの人には珍しい。

うれしいな。  

DSC06721.jpg

パズルをするアーナンダ

DSC06720.jpg

ブロックを積んでいるのはサーガルかな?

あれ?  先生が寝てるよ(笑)(笑)

楽しげなセワ・ケンドラのようすが伝わってくる。

これからまた、写真がくるたびにアップしていこう。

ナラヤン先生、よろしくね!!!
     

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

スッカ

Author:スッカ
セワ・ケンドラの日々ーみんな、生まれてきてよかったね!
のブログへようこそ!!!
ネパールはポカラにある知的障害者通所施設、セワ・ケンドラを作り、運営してきて10年、日本の事務局をやっているスッカ(ネパール語でしあわせ)です。
代表は「大天使ミヤ」
日本から経済面のサポートをしつつ、現地での交流を続けています。
次なる10年にむけて、Go!!!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR