FC2ブログ

雨続きです

2014.08.26.10:30

セワ ケンドラで過ごす日々。

毎日 夕方から夜、明け方にかけて
雷を伴う大雨。

近所では胸まで水が上がるほどの洪水。車も水没。

日本と違って、水が引くまで静観なのか、騒ぎにもならないようだ。

こちらに来てからずっとゴムぞうりで過ごしている。
どうせぬれるんだもん。

さまざまなことを

写真と共にお知らせしたいのに、スマホからだと写真がのせられない。
悔しいな。

多くのエピソードが写真といっしょだからおもしろいのに、、、

うまい方法はないものか?

しばしお待ちを!

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ラジュはみていた!!!!

2014.08.22.10:44

どうしても写真の挿入がうまくいかない、、、、、、、

よって、不本意ながら写真はぬきで。

遠足の日の朝。
みんないつもの制服と違って、思い思いの服装でおしゃれをしている。

スッカがセワ・ケンドラに着くなり、満面の笑顔のラジュが寄ってきた。
今日の自分の洋服をじまんしたいらしい。

上は、JAPAN AIRLINE のロゴが入ったトレーナー。
下は、あれれれ? 昔 スッカの長女がはいていたズボン。

日本から運んだものを、先だってセワでSaleしたから、その時買ってもらったんだね。

ラジュはうれしくて、さかんに自分の服をアピールし、
それからスッカの手を引っ張って、
トランクや段ボール箱が置かれているところにつれていく。

一所懸命スッカに何か話すのだが、スッカはネパール語がわからない。

ミナ先生に通訳してもらうと、、、、、、、、

「スッカさんは、いつもおんなじズボンだ。おんなじシャツだ。
着るものがないんなら、あの箱の中のをもらうといいよ。
僕みたいに新しい服になるよ」


と言っているらしい。 全員、爆笑!!!

彼の指差すトランクや段ボール箱には、Sale の売れ残りが入っているんだって!!!


そっかぁ、ラジュはスッカが毎年毎回、
セワに来るたびに、同じズボンだってこと、みぬいていたんだぁ、、、、、

バレたか!!!!!

ありがとね、ラジュ。
スッカおばちゃんの服まで心配してくれて。

みんなで大笑いでスタートした朝。






theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ポカラでの活動開始ーーーー!

2014.08.21.03:25

20140821024456f25.jpg

今日からスッカの「セワ・ケンドラの日々」が始まる。

スッカより先にきていたタラさんも、ほら、この通り、
一緒に体操。
みんなの人気者。

2014082103203593c.jpg


アスミタと肩を組んで、はい、チーズ!!!!


20140821024445b7c.jpg


アムリット先生の後任としてセワに来たばかりの
ナラヤン先生も、どんどんみんなになじんできている。

まだ18歳!!
驚いた! えらく大人びている。 しっかりもの。

通所者のラジュの弟さん。

外国に出稼ぎに行くまでの間のつなぎだということだが、
なかなかに良いセンス! 飲み込みも早い。
期待の新人!


男性スタッフが欲しかったので、まずは満足。

明日の遠足で、じっくりお手並み拝見といこう。




theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ポカラに着いたぞーーーー!!

2014.08.20.04:03


201408182328476c7.jpg
ーーーー キャンドル作りの小さな小屋でーーーー

18日の深夜に羽田空港を発ち、

バンコク経由でカトマンズに到着。

ポカラから車で迎えにきてくれていた
ラム・ナラヤン(ダミアン)さんと合流しました。

たくさんの荷物があったのと、運営費など多額のお金を
両替する必要があったので、カトマンズまで来てもらったのです。
ドジなスッカ一人では、お金を落としたり盗まれたりしかねない、、、、笑

事故で大渋滞もあって、山道を7時間ほどもかけて、さきほどポカラに到着。
一日で往復したダミアンさん、すごい!!

助手席で居眠りしていてごめんなさーーい!


そして、ありがとねーーー

先発で来ていたタラさんから、セワの様子をいろいろ聞いたとこ。

明日、みんなに会うのが楽しみだな。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ひとあしお先に! タラさん到着!!

2014.08.17.23:11

8月17日、
スッカよりひとあしお先に
タラさんがポカラに着いたそうだ。

スッカが着く19日まで、
ラム ナラヤン(ダミアン) さん宅で
過ごす。

エレナ、バワナ、ノエル、の
三人はきっと大喜びで
タラさんにまとわりついていることだろう。

タラさんは、去年8月に初めてセワを
訪問してくださった。

あれから一年のうちに、四回も
訪れてくださった。

これって、すごくない?

セワのスタッフや子どもたちはもちろん、ダミアンさん一家や
地域の人たちとも、すっかりなじんで
ごくごく自然体。

今回も、楽しい交流の計画がたくさん。

先日のともさん、こんどまたタラさん、
セールのみんなには嬉しい時期だ。

みんな、お客様が大好き!

タラさん、

楽しい思い出をまた、みんなといっしょに紡いでいってくださいね。

スッカも、おいかけま~~す!

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

出発前のちょっといい話

2014.08.15.18:30

10402397_1416117682007062_2849158403744746843_n.jpg

    ーーー写真: セワ・ケンドラでの学びのようすーーー

 ネパール行に先立ち、羽田空港に荷物を送った。

 クロネコヤマトに取りに来てもらう。
 我が家の地域担当のお兄さん、顔なじみだ。

 毎回、たくさんの荷物、それも観光旅行ではなさそうな段ボール箱なので
 お兄さんもなんとなく気付いているようす。
 「ボランティアですか?」

 「はい、ネパールです。 まだまだ持っていきたい荷物が山積みなのだけど、
 これだけしか運べないの。
 海のある国なら、船便で送れるのに・・・」 と言うと

「船便でよその国を通過すると、荷物を抜かれますよね~。
 受け取った人が税金を払わなきゃいけない国もあるし・・・・・・・」 と、なんだかツウな発言。


「あら、お詳しいのですね!  同じような経験が?」

「はい、昔、青年海外協力隊でアフリカのウガンダに行っていました。
 今でもあの国やその周辺の国のことは気になってニュースを見ています」


あらら、そう聞いて、すっかり話がはずんでしまう。

今、問題になっているエボラ出血熱のことも。

「JICAのシニアボランティアのことも考えたのですが、ローンも抱えて生活もあるし・・・・」 と彼。

「あら、定年退職してからご主人を連れてシニアボランティアに来ていた女性もネパールに
いましたよ。  日本で年金はそのまま貯まるし、その年齢からでもいいのよ。

 あなたのように、若いときに途上国での奉仕を体験した人が
 世間のあちこちにちらばって生活しているのが、日本の強みだと思うわ。

 そういう人が”世の光、地の塩”となって社会にふくよかさが生み出されると思うの」

正直、スッカは青年海外協力隊で行った若者が、即戦力として現地で大きな貢献をできるとは
思えない。
彼らはまだ、若すぎ、そして経験も不足している。

でも、この体験を通して一人の日本の若者が人間として成長し、
そのことが、日本の国のすみっこで、それぞれの場で生かされていると思う。

現地では「交流」でもいいではないか。
日本の若者を成長させる場と思えば、税金も生きるだろう。

クロネコヤマトのドライバーさんのすがすがしい対応と仕事ぶり、
そして「いつかチャンスがあればまた、海外での奉仕を」と思う気持ち、
これも、撒かれた種の実りのひとつ。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

スッカの大好きなお祭り

2014.08.15.10:00




10374848_906497532697775_3172997165397587771_n.jpg

ネパール、ポカラの8月。

移動祝日で、「ガイ ジャットラ」というお祭りがある。
今年も、先日行われた

主にネワール族の祭りだという。

日本でいえば、「新盆」
この一年で亡くなった方々の供養をする。

ヒンドゥーで聖なるものとされる「牛」を先頭に、
ヒンドゥーの神々に扮した人の行列が続く。
  お金持ちの家は、本物の牛を用意する。
  でも、たいていは、絵に描いたウシ。

  それに故人の遺影と、遺族が続く。


10603671_488320754854057635_n.jpg


鐘と太鼓と笛で、鮮やかな彩りの衣装をまとった人たちが舞う。
背中に羽をつけた、ちょっとひねたエンジェルといったところか(笑)

これ、全員男性である。

男性がきれいにお化粧をして、とりどりの衣装でクルリクルリと舞い続ける。




10612611_906497596031102_7199097835873572447_n.jpg


この行列と踊りがポカラの街のあちこちで繰り広げられるものだから
ガイ ジャットラの日は、一日中道路という道路がみな渋滞。

「祭りか、仕方ないね」 とあきらめ気味の人たちの顔が
バスの窓からのぞく。

華やかなようで、そこはかとなく哀愁をおびた音色の曲にのり、
ドレスの裾がまわる、まわる。

スッカにとってのポカラの夏は、この「ガイ ジャットラ」


       


theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ともさんの指導で、さて何ができるのかな?

2014.08.14.10:00

10570404_907210275959834_3803378868548759123_n.jpg

今日のセワ・ケンドラは、
なにやらいつもと違う作業。


日本からボランティアで指導にいってくださっている ともさん、
今年はみんなに何をおしえてくれるのかな?


10612585_907209069293288_4377967449254165066_n.jpg

はっぱやお花を布にならべて・・・・・



10610654_907209615959900_1292326908654764356_n.jpg


みんな、一所懸命だね。


10561695_907208999293295_7410562117762564188_n.jpg


ほぉら、こんなにすてきにできた!!!


友田先生、ありがとう!!!

して、これは
なんていうものなの?   あとで教えてね。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ともさんが現地で活動中

2014.08.13.17:00

10592621_905976742749854_2354339113304930709_n.jpg
  
  手前が「ともさん」こと、友田先生。
  日本で障害児教育に長年たずさわってこられた。

  セワ・ケンドラの最初の頃からの技術アドバイザー。
  毎年 セワを訪問してくださる。

今回の写真は、
ラム・ナラヤン(ダミアン)さん一家との休日のようす。

ともさんは、意気込んでポカラに乗り込んだそうそう、
お祭りの休日にかかってしまったようだ。

こうなったら、ポカラでの休日を楽しもう!!

10606610_905976869416508_3549272959607296446_n.jpg

飛行機を模したレストランみたい。
おもしろそうね。
スッカもまだ行ったことがない。

10599716_905976786083183_3563543390127920405_n.jpg

三人のこどもたち。
前から エレナ、バワナ、ノエル。

10383008_905976692749859_4701856495522067361_n.jpg

コックピットのラム・ナラヤン(ダミアン)さんとノエル。

ともさんが前のブログにコメントを寄せてくださったので
ここに転記しよう。

   ***  
   2日ほどお祭りが続いたため、今日セワケンドラのみんなに久しぶりに会います。とても楽しみです。
   手土産は重量制限もありたくさんではありませんが、ジグソーパズルにしました。兄弟関係にあるシシュビカスやジョ   ティーにも少しですが。ぼろぼろになったりピースがなくなったりと聞いていました。
   今、セワは増築校舎のための工事が進行中ですが、職人さんがなかなか集まらず、またいろいろな職人さんの都合   で遅れがちだということでした。後数ヶ月はかかるかなとラムナラヤンさんは言っておられました。でもこれからがとて   も楽しみですね。宮さんや安達さんもすごく心待ちにしておられるようです。
   今回、安達さんの紹介を得て、ラムナラヤンさんのお部屋をお借りして世話になっています。私としてはすぐ身近にお   られて助かります。期間が短く申し訳ないですが、ほんの少しお手伝いをさせていただけるので幸せです。ありがとう   ございます。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

スタッフにとっても大切な友

2014.08.04.21:57

10442946_901545806526281_6344700813308927159_n.jpg

more...

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

スッカ

Author:スッカ
セワ・ケンドラの日々ーみんな、生まれてきてよかったね!
のブログへようこそ!!!
ネパールはポカラにある知的障害者通所施設、セワ・ケンドラを作り、運営してきて10年、日本の事務局をやっているスッカ(ネパール語でしあわせ)です。
代表は「大天使ミヤ」
日本から経済面のサポートをしつつ、現地での交流を続けています。
次なる10年にむけて、Go!!!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR