FC2ブログ

お別れ会ービシュヌさん

2018.07.18.09:00

37321522_2282859615292271_8138198826683990016_n.jpg

セワ・ケンドラで
先日退職した 用務員のビシュヌさんの
お別れ会が行われた。

感謝状を受け取るビシュヌさん。


37267201_2282859368625629_3601322917985517568_n.jpg

ビシュヌさんから
通所者一人一人にお菓子が・・・・・


37249009_2282859048625661_2262512853690875904_n.jpg

ディレクターの
ラム・ナラヤン(ダミアン)から・・・・


37235550_2282859001958999_4839314895658811392_n.jpg


みんなにプレゼントを。

もう15年も付き合ってきた子もいるんだものね。

セワを立ち上げたときからのスタッフ・・・・

37225237_2282859225292310_1885921638617186304_n.jpg



最初、
この二人(ジュリアナ先生とビシュヌさん、そして
すでに結婚退職したスナ先生と・・・
現場は三人で始めた。

ダミアン先生はシシュビカス・ケンドラとの兼務だった。

37329539_2282858931959006_85957220604313600_n.jpg

せわの女性スタッフたちと。

前列左が
新しい用務員のマデュさん。

これからセワ・ファミリーの一員として
がんばってくれることだろう。


  *****    こぼれ話   ****

現場の人事はダミアンさんに任せてあるので
報告を受けるだけなのだが
ビシュヌさんの退職には 正直驚いた。

彼女は母子家庭。
まだ小学生の子どもがいる。
上の二人の息子はすでに成人して結婚しているが
母親と幼い弟を養える力はない。

セワ・ケンドラで働くことで
給料と、家賃補助と子ども手当が出ていた。

セワは病欠などにも理解のある職場と同僚たちだった。

大きな手術や治療の時は大天使ミヤや私が援助したりと。

これらから離れて、彼女はこれからどうするのだろう・・・・

アカナ会も実のところ、セワ・ケンドラの運営費さえもまかないきれない状態。
個人的にも援助はむずかしい。

ビシュヌさんのような人はネパールには五万といるとはいうものの
胸が痛む。



theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ビシュヌさん、今までありがとう!

2018.07.16.10:00

P9010692.jpg
        (セワの遠足に行った時のビシュヌさんと息子のローソン)


セワ・ケンドラ設立当初からのスタッフ、
用務員のビシュヌさんがセワを辞めた。

ずいぶん前から病気と太り過ぎ?で
セワの仕事を満足にこなせず、
長男の奥さんが代わりにセワに出勤している状態だったそうだ。

P9010746.jpg

用務員として、
主に台所の仕事と買い物を担当していた。

通所者たちにも慕われ、楽し気に仕事をしていたのだが・・・・・
病気とあらば仕方ない。

35628563_2255082151403351_5591331435458854912_n.jpg

新しい用務員さんはこの人。
マニ・サラブジャさん

セワ・ケンドラのマイナ先生のご主人からの紹介。

この国での就職はほぼ「コネ」

35829475_2255082081403358_7231276109441007616_n.jpg


送られてきた写真がピンボケだけど・・・
楽し気に仕事をしているのはわかる。

マニさん、これからもよろしく!!




********   こぼれ話  *****

それにしても
気になるのはビシュヌさんとローソンのその後。

どのように暮らしているのだろう?
セワにいるときは
家賃補助、子ども手当、ボーナスなど、ネパールにはない制度もあって
給料以外でもいくらかの足しになっていたと思うのだが。

それに、彼女の治療費と手術代、
実は大天使ミヤとスッカとがお金を出している。
(給料の何か月分にもなる)
結果が気になるが・・・・

セワを離れてもなんとか幸せに暮らしていてほしい。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

デビュー! アニタ先生

2016.03.22.10:00


12746428_1767972723447632_102568182_n.jpg

セワの新人スタッフ、アニタさんにとって、初めての大きな役目。
セワを代表して通所者たちと踊るのだ。

先月、ポカラのホテルで
5th General assembly & 3rd convention

と銘打った障害者のための大会があった。
ネパール全国から多くの人が集まったそうだ。


12736039_1767971073447797_1199065185_n.jpg

ノルウェーからはHelenaさん。
ノルウェーの「知的障害者を持つ親の会」は、
昔からセワ・ケンドラとの関係が深い。

12721779_1767968860114685_1186449556_n.jpg

会場は、ポカラのフェワ湖畔のレガシーホテル。


12746293_1767971893447715_20415542_n.jpg

セワ・ケンドラでは、開催都市の施設代表として
通所者によるダンスを披露することとなった。

12736377_1767972026781035_2138962015_n.jpg

スミットラとサーガルも、踊る。

セワ・ケンドラのスタッフとして研修中のアニタ・グルン先生も、
民族衣装でスタンバイ。


12714181_1767970703447834_884337853_n.jpg

同じく民族衣装のエレナと出番を待つ。ドキドキ。


12746247_1767970496781188_1441416192_n.jpg

車いすの人も・・・


12736271_1767973426780895_788693381_n.jpg


エレナはほんとにダンスがうまい

12722022_1767973410114230_383096132_n.jpg

アニタ先生は、スナ先生の後任として
セワに入ったので、スッカ(あだち)はまだお会いしていない。
でも、すっかりなじんでいるみたい。
かわいい方ですね。

10609225_1767970016781236_1314428801_n.jpg


ひな壇で、なにかいただいたのかな?  ダンスのごほうび?

1947718_1767970530114518_219021192_n.jpg

エレナのとなりは母親でもあるジュリアナ先生。

1800823_1767970676781170_1364189017_n.jpg

セワの通所者にもごちそうがふりまわれた。


*************** こぼれ話

セワのみんなはイベントが大好き。
ダンスも大好き。
歌うのも大好き。

だから、お祭りにも参加する。

ネパールでは、まだまだ「障害者を隠そうとする」傾向があるのは否めない。

セワは違う。

みんなで遠足もいく。
シティバスにも乗せる。
買い物にもみんなで実習としてでかけることも。

地元の祭りにもどんどん参加する。

セワではボランティアの申し込みも各国から受けている。

「存在を知ってもらう」
それは
大事なこと。

彼らが幸せそうに集っているようすは
来る人を癒している。

彼らがほんとに楽しそうに踊っているようすは
見る人のほほえみを誘う。

どんどんでかけて、どんどん交わろう!!

周りにHappyをふりまこう!!

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

ブディ先生、おげんきで!

2016.02.09.00:10


more...

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

いままでありがとう!! スナ先生!

2015.11.19.16:34

12246599_1656930064592488_9018873186912998097_n.jpg

セワ・ケンドラ創立のときからいっしょにやってきた「スナ先生」が退職。
セワでお別れのセレモニーが行われた。


さみしい・・・・・・

12270150_1723461724565399_1542740603_n.jpg

通所者のシシールも、最初っからのメンバー、
その彼からもお別れのあいさつ。

12239913_1656930307925797_1498226655273941437_n.jpg


やはり、創立時からいっしょだった
用務員のビシュヌさんもお別れのハグ。


12243372_1656930251259136_9192284156865074749_n.jpg


みんなと最後の記念撮影。


12239980_1656930404592454_8407023780363805939_n.jpg

ラジュも・・・・・ 12年いっしょ。

12243047_1656930431259118_851371393625916053_n.jpg



耳の聴こえないスミットラも・・・ずっといっしょだった。


12219501_1656930484592446_7368943581755079223_n.jpg

同僚のブディ先生からも、お別れ、、、

12115794_1656947121257449_7735811697127854221_n.jpg

場所を変えて、スタッフとのお別れパーティは、
近くのイタリアンレストランで。
ジュリアナ先生から、記念の品を。


12270146_1723463314565240_281261703_n.jpg

こうやって、なんど一緒に
楽しいお食事をしたことだろう。

それももう、今日でおわり・・・・・・・

12270585_1723463371231901_623020649_n.jpg

お別れの宴は、スタッフみんなが大好きな
イタリアン「アーモンド」で。
  (ちなみに、オーナーは東京で修行した人)

*******

12年前、おとなの知的障害者のための
通所施設を作ろうと
ラム・ナラヤン(ダミアン)さんとジュリアナさんは心を決めた。

大天使ミヤ(宮内)とスッカ(安達)が日本から支えることに
なったものの
まったく先行きの見通しもたっていなかった。
家賃を払って、場所を借りてのスタート。

ラム・ナラヤン(ダミアン)さんは、前の職場のシシュビカス・ケンドラに
残ったままにして、とにかく現場は3人で始めたのだ。

ジュリアナさん、スナさん、そしてビシュヌさん・・・・
ラム・ナラヤン(ダミアン)さんは、シシュビカスの勤務外の時間に
無給で支えた。

スナさん、ありがとね!!!!
いっしょに支えてくれて、ありがとね!

彼女は先ごろ結婚した。
これで、家庭に入るそうだ。

さみしいけど、祝福して送り出さねば・・・・・・

ありがとう!  スナさん!

またセワ・ケンドラに遊びに来てね。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

スッカ

Author:スッカ
セワ・ケンドラの日々ーみんな、生まれてきてよかったね!
のブログへようこそ!!!
ネパールはポカラにある知的障害者通所施設、セワ・ケンドラを作り、運営してきて10年、日本の事務局をやっているスッカ(ネパール語でしあわせ)です。
代表は「大天使ミヤ」
日本から経済面のサポートをしつつ、現地での交流を続けています。
次なる10年にむけて、Go!!!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR