FC2ブログ

今日は健康のための講習会

2018.12.28.10:00

48408290_1161312730711706_8094545135569731584_n.jpg


口腔衛生と救急処置の講習会。

セワのスタッフと通所者、その保護者に向けて
「Health and development society Nepal 」
のメンバーたちが指導にきてくださった。


48420658_2173653436222051_5545176960981794816_n.jpg


歯医者さんの診察も。
Dr Vijay

49028240_931470207041580_3384730659300835328_n (1)

でっかいお口の模型で
歯みがきの指導。
サヌも楽しそう。

48415924_525081624654505_5511817387353047040_n.jpg

ていねいに・・・・


48414889_1307919819347041_6896914206822498304_n.jpg

Fastaid 応急処置のやり方も。

48394947_362257110990987_5080793487641673728_n.jpg

みんな、興味津々


48388511_2278985202113211_4875634857100705792_n.jpg

これは蘇生術かな?
よいしょ、よいしょ!

48418595_266797533999409_7618388821863825408_n.jpg

楽しく、おもしろく、
講習会が進みます。


******  こぼれ話

セワでは、さまざまな行事に
可能な限り保護者も参加してもらう。

スタッフだけでは手が足りない遠出のときも
保護者の参加を募ったりする。

もちろん、今回のようなみんなが知っておくべき
応急処置や口腔衛生に関することはできるだけ来てもらう。

障害者の権利を訴えるデモ行進のときも。

そうしているうちに、保護者の人となりもわかってくる。

いま、セワのスタッフである
チャーダニさんやマイナさんは、
通所者の家族だ。

以前いたナラヤンKCさんも
そうだった。

専門知識などなくても、家族として
知的障害を持つ人の世話をしてきたのだから
即戦力。

もっと本格的な知識やスキルは
セワに勤めながら、研修を受けてもらう。


保護者がスタッフになったときは
いまのところ良いことばかり。

セワ・ケンドラ ファミリーは
ますます本当の家族のようになってくる。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

メリークリスマス!!

2018.12.24.19:42

48409527_424411298095540_2568654355863437312_n.jpg


12月24日、セワ・ケンドラではクリスマスの集いが開かれた。

48428043_512912655859257_4676235202178056192_n.jpg

サンタさんの帽子、
いつもよりちょっとごちそうのカジャ(軽食)

48424446_1989170894510219_2580746308004347904_n.jpg

きょうは、かんたんなカジャではなくて
ちゃんとご飯の付いたお食事だね。

48971565_661030740980300_5410520038216040448_n.jpg

サンタさんからプレゼントをもらう・・・・


49009425_315920175916307_9192055128197169152_n.jpg

このサンタさん、ベルトをつけたほうがいいかもね。

49010367_735645503486375_4531487292405055488_n.jpg


待ってるあいだもワクワク。


49140203_2098356353556827_2535311197599694848_n.jpg


このサンタさん、 だぁれだ?


****    こぼれ話


ネパールは
ヒンドゥー教が多くを占め、
チベット仏教の人も多いが
キリスト教は少数派。

セワ・ケンドラでは
責任者のラム・ナラヤンさんとジュリアナさん夫婦が
カトリックで
スタッフのミナさんも、もとシスターだった人。

だから、キリスト教の行事はきちんと行われている。

多神教のヒンドゥー教の人たちは
他宗教にもおおらか。

みんなで楽しむ。

この日も楽しくおいしい一日。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

Namaste sathiharu team Korea セワにいらっしゃ~い!!

2018.08.13.18:00

38005546_2246641268683388_4961123677161652224_n.jpg


セワ・ケンドラに今回もすてきなおきゃくさま。
一週間にわたって
セワを舞台にさまざまなイベントをやってくださる。

37984069_2248404728507042_5540493956275503104_n.jpg

エプロンの制作。


38000361_2248405861840262_6546188551820673024_n.jpg

プリントして独自なものに仕上げるみたいね。

38793841_2110847762570028_498924820105265152_n.jpg


ほら、こんなすてきにできあがった!!


37973522_2297079503870282_3203328055514759168_n.jpg

別の日には、キャンドル作り。


38036894_2250213758326139_6355052495579906048_n.jpg

できたぞ~~!!


38043221_2252022718145243_442234236800335872_n.jpg

すてき!
お店に出したら売れるかも?

どなたか買ってください!!

38227525_2254061404608041_2522198125574094848_n.jpg


この日は
バスをチャーターしてくださってピクニック


38433186_197959854403953_2415642490926268416_n.jpg


ネパールとしては
とてもきれいなバス。  
みんなでおでかけ、うれしいね。


38536372_440012116490720_6391299927909072896_n.jpg


ナマステ・サティハルのメンバーの方々も楽しそう。

38624510_1019851238182497_6487547417708199936_n.jpg


みんなでランチ。
おいしいね。

38298010_2254116541269194_9148973303388438528_n.jpg

思い思いの場所で、
おいしくいただく。

38033388_2254115491269299_1034342873518047232_n.jpg


このランチボックスも
ナマステ・サティハルからのプレゼント。

38524642_2176933122334669_375673724159918080_n.jpg


またある日は
韓国料理をいっしょに作り、
みんなで食べる企画も。

38483633_231978257645338_8968824391966130176_n.jpg

サヌもうれしそうにマゼマゼ。


38449403_387188768476368_3275439723190943744_n.jpg

プジャも手をとってもらって参加。

38435789_2256211897726325_1948038114236694528_n.jpg


うわ! おいしそうな一皿。

38264097_2256212254392956_269555476096614400_n.jpg


いただきま~~~す!!


38017343_2246641578683357_4623563402592124928_n.jpg

ナマステ・サティハルのみなさま、
ほんとうに
いつもありがとうございます。

心から感謝!!!



     ******   こぼれ話  *****


我々アカナ会が
知的障害者通所施設 セワ・ケンドラを創設してから15年。

運営に関わる資金面は、人件費も含め
ほぼ100% 背負ってきた。

表には出ることはない。

日本で地味に資金を集め、
アカナ会関係者は全員 自費で渡航して
奉仕活動をし、運営資金を届けてきた。

経理のチェック、運営状況もチェックのための渡航も自費。

こんな活動にはそろそろ限界が来ている。

関係者はみんなリタイア年齢、年金生活。
同様に、支援者も年齢を重ねてきて故人となる方、病に伏す方、、、、、


韓国のナマステ・サティハルのメンバーは
現役の「知的障害者教育の現場にいる方々」のようだ。

こんなグループが
セワ・ケンドラを引き受けて下さらないだろうか・・・・・・
スッカは数年前からそう考えていた。

年に一度のワークショップ訪問だけでなく、
運営面もサポートしてくださったら・・・・・

私たちは種をまいて、ここまで育てた。

あとを引き受けてくださるところが
現れるよう祈る日々である。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

セワでライオンズクラブの贈呈式

2018.07.23.10:00

37294477_2226045917409590_7033350616143364096_n.jpg

セワ・ケンドラを会場にして
ライオンズクラブ・ポカラ・アンガンから
地元に住む身体障害者や知的障害者へ車いすや奨学金の
寄贈セレモニーがあった。



37294507_2226045830742932_6426107798869770240_n.jpg


セワ・ケンドラの
リプシカも、セワの月謝一年分(Rs.8400.-)を
奨学金としていただく。

37337818_1408832755927243_767363815158317056_n.jpg


同じくロヒトも
それから、ずっと前から援助を受けている
サヌも。

セワでは毎年 3名が年間の月謝を
奨学金として 受け取っている。
いずれも、貧しい家庭の子たちだ。


37310267_1408833105927208_8927443180933087232_n.jpg

セワのディレクターの
ラム・ナラヤン(ダミアン)さんは
このライオンズクラブのメンバーでもある。
 (一番手前)


37296240_2226046064076242_9008875468807471104_n.jpg


車いすをいただかれたのは
地元の足が悪いご婦人。
このセレモニーにはご主人がいらしたのだそうだ。


37229564_2226045724076276_1668348752999481344_n.jpg

車いすの贈呈。
受け取る方のご主人に。

37276178_1408833059260546_4356041172603371520_n.jpg


そのほかに、
目の不自由な方々15人に
白い杖が贈られたという。

37259795_2226045607409621_9148305079491624960_n.jpg


セレモニーの余興では
セワ・ケンドラの舞姫、
エレナが
その舞を披露。


*****     こぼれ話   *****

セワ・ケンドラが始まってすぐのころから
このライオンズクラブ・ポカラ・アンガンは
セワに来る貧しい家庭の子のために
毎年3名の月謝を援助してくださっている。

サヌのように母子家庭の場合、ほんとに
助かったようだ。
お母さんもとても喜んでいた。


年月が経つうちに、
このクラブのプレジデントに
知っている人が就任するようになってきた。
また、ラム・ナラヤン(ダミアン)さんもメンバーになった。

2015年のネパール大地震の時は
日本からの支援金の一部を
このクラブとのジョイントプロジェクトとして
学校建設に回したこともあった。
 (タラさんとスッカは、メンバーといっしょに現地視察もしてきた。)

地元に根付いて、地道な活動をしているこのライオンズクラブに
時には支えられ、
時には手をたずさえて共に、

困っている人々のために尽くしていけたらうれしい。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

遠足はいつもたのしい!

2018.07.20.10:00

19959308_1793045047376348_1607873825083431563_n.jpg


こ~~んな景色を見おろせる丘の上に
遠足に行った。

19959369_1793045217376331_6391275938375591438_n.jpg

坂道も
みんなと歩けば苦しくない。

20046595_1793044977376355_182999162711224366_n.jpg


おーい!!


登り切ったよ~~~


35943764_2256153984629501_1647592954174373888_n.jpg

これはまた、別の時。

オランダからのボランティアが
入れ替わりで6名、セワに来た。

35686777_2256151564629743_5382699868592537600_n (1)


みんなにそろいのTシャツをプレゼントしてくれ、
地元の遊園地にも招待してくれたのだそうだ。

35886233_2256145721296994_9058639356490678272_n.jpg

プジャもうれしそう。

36811953_2212202435460605_651889092509827072_n.jpg


エレナも。

35812619_2256152331296333_2839213587291963392_n.jpg


ボランティアさんと一緒に

35686777_2256151564629743_5382699868592537600_n (1)

写真、撮って~~~~


みんな、あまり変化のない生活をしているので
(これは障害者に限らずほとんどの人がそうだけど)
このような
おでかけはとても喜ぶ。

遊園地入場とそろいのシャツをプレゼントしてくださった
オランダのグループに感謝!!



    ***********   こぼれ話  ****

セワには
ほんとに世界中からボランティアさんが来る。

ありがたいことだ。
みなもとても喜んでいる。

多方面で活躍するセワのディレクター
ラム・ナラヤン(ダミアン)さんの力は大きい。
彼のおかげでボランティアも集まる。

でも、セワ・ケンドラの存続に貢献しているのは
日本のアカナ会にご寄付をくださる方々のみ。

運営のためのお金を最初から
出し続けているのはアカナ会のサポーターだけ。

この方々に心から感謝!!

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

スッカ

Author:スッカ
セワ・ケンドラの日々ーみんな、生まれてきてよかったね!
のブログへようこそ!!!
ネパールはポカラにある知的障害者通所施設、セワ・ケンドラを作り、運営してきて15年、日本の事務局をやっているスッカ(ネパール語でしあわせ)です。
代表は「大天使ミヤ」
日本から経済面のサポートをしつつ、現地での交流を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR