FC2ブログ

第一の仕事は会計

2019.02.06.22:06

unnamed (1)

カトマンズに着いて
初めの大きな仕事は
アカナ会からのセワ・ケンドラ運営資金の
引き渡し。

ルートネパール(両替商・土産物店)のラジェンドラさんにお世話になる。

P1220729.jpg

ポカラでは
振り出された小切手を口座に入れる手続き。

P1220725.jpg

この銀行で・・・・・・

P1220730.jpg

まずはこれをすまさねば・・・


P1220727.jpg


この銀行の支店長は
ラム・ナラヤンさんの友達。

この国はコネ社会。

互いに便宜をはかりあうのは当然のこと。

51623561_340260259914542_2665249304221843456_n.jpg

セワ・ケンドラでの大事な仕事。
帳簿のチェック。

51294642_2148289522112717_405911775687475200_n.jpg

ラム・ナラヤンさんは
それはそれは克明に
5ルピーのものでも帳簿につけている。

51910923_235449364010414_8050342865462624256_n.jpg

それだけではない。

買い物の一つ一つ、
給料の支払いの一回一回、
すべてに領収書があり、それを
一か月ごとにまとめてとじてある。

いやぁ、みごとな事務処理だ。
毎年感心する。

それを抜き打ち抜き取りで帳簿と照合してゆく。

公私混同はないか、無駄はないか、、、

アカナ会のお金は
サポーターのみなさまからお預かりしたもの、
正しくセワ・ケンドラのために使われねばならない。

ラム・ナラヤン(ダミアン)さんは
毎年、予算内で運営し、残金は預金にまわしている。

数行の銀行預金の資金の流れも
銀行の資料を取り寄せてチェックする。

我々はポカラ空港で
私が搭乗する直前まで
セワについて語り合う。



theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

行ってきました!

2019.02.06.00:15


ヒマラヤがキレイ!

羽田空港を出る時、
一人で100kgもの荷物で悪戦苦闘の
私に
ANA全日空のカウンター職員さんが
三人がかりで手を貸してくださり
もう感激!!

Katmanduの空港の税関では
すったもんだ、、、毎度のことだけど
これは疲れる。
仕方ないですよね、
一人でこんなに荷物を持っていたら
そりゃ怪しいわ、、、
二人のポーターさんに助けられてようやく通過。
ラム ナラヤンさんと
シスター川岡にやっと会える。
シスターとはたまたま
ネパール訪問の日程が重なったので
ポカラまでご一緒しましょうという
ことになった。

カトマンズからポカラまで
荷物を運んでくれる
バッサンダさん。
今回で3回目。

さてさて
7時間かけてポカラに着くと、、
セワ ケンドラの校舎のとなりに
新たな建物ができていた。
ということで、
続きはまた!

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

広島学院の中三生ー募金活動

2019.01.08.03:04

49635924_2260933270844434_7359633251486400512_n.jpg

年末の、寒い雨の日

広島市で街頭募金活動をする
広島学院の中学三年生たち


49834094_534910100327140_1170082931201277952_n.jpg


集まったお金は
東ティモールやフィリピンの恵まれない子どもたちに、
そして
セワ・ケンドラにも。


49213362_222206598683814_2525434611064897536_n.jpg

これは
もう長く、学院生の年末の活動として
続けられている。

このための
プラカード作りなど
ずいぶん前からみんなで準備するのだと聞いた。

カトリックの男子校。
名だたる進学校。

弱者に目を向けるこのような活動が
伝統として根付き、
続けられているのは
やはり根幹にキリスト教精神があるからだろうか。

募金からのご寄付が振り込まれた通帳と
学院の事務長さまからのお便りとを手にして
私は祈る。



    **** こぼれ話 ****

私、電車で席を譲られた最初の体験は
広島で、広電のなか。
広島学院の生徒さんからだった。

もう20年近くも昔、
ネパールと関わることで
学院の生徒さんや先生やご父兄とのつながりが
でき始めたころ。

今はおばあちゃんの私も、まだ四十代半ば、
席を譲られる年齢ではない。
学院ではそういう教育をなさっていると
どなたかから聞いた。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

今日は健康のための講習会

2018.12.28.10:00

48408290_1161312730711706_8094545135569731584_n.jpg


口腔衛生と救急処置の講習会。

セワのスタッフと通所者、その保護者に向けて
「Health and development society Nepal 」
のメンバーたちが指導にきてくださった。


48420658_2173653436222051_5545176960981794816_n.jpg


歯医者さんの診察も。
Dr Vijay

49028240_931470207041580_3384730659300835328_n (1)

でっかいお口の模型で
歯みがきの指導。
サヌも楽しそう。

48415924_525081624654505_5511817387353047040_n.jpg

ていねいに・・・・


48414889_1307919819347041_6896914206822498304_n.jpg

Fastaid 応急処置のやり方も。

48394947_362257110990987_5080793487641673728_n.jpg

みんな、興味津々


48388511_2278985202113211_4875634857100705792_n.jpg

これは蘇生術かな?
よいしょ、よいしょ!

48418595_266797533999409_7618388821863825408_n.jpg

楽しく、おもしろく、
講習会が進みます。


******  こぼれ話

セワでは、さまざまな行事に
可能な限り保護者も参加してもらう。

スタッフだけでは手が足りない遠出のときも
保護者の参加を募ったりする。

もちろん、今回のようなみんなが知っておくべき
応急処置や口腔衛生に関することはできるだけ来てもらう。

障害者の権利を訴えるデモ行進のときも。

そうしているうちに、保護者の人となりもわかってくる。

いま、セワのスタッフである
チャーダニさんやマイナさんは、
通所者の家族だ。

以前いたナラヤンKCさんも
そうだった。

専門知識などなくても、家族として
知的障害を持つ人の世話をしてきたのだから
即戦力。

もっと本格的な知識やスキルは
セワに勤めながら、研修を受けてもらう。


保護者がスタッフになったときは
いまのところ良いことばかり。

セワ・ケンドラ ファミリーは
ますます本当の家族のようになってくる。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

メリークリスマス!!

2018.12.24.19:42

48409527_424411298095540_2568654355863437312_n.jpg


12月24日、セワ・ケンドラではクリスマスの集いが開かれた。

48428043_512912655859257_4676235202178056192_n.jpg

サンタさんの帽子、
いつもよりちょっとごちそうのカジャ(軽食)

48424446_1989170894510219_2580746308004347904_n.jpg

きょうは、かんたんなカジャではなくて
ちゃんとご飯の付いたお食事だね。

48971565_661030740980300_5410520038216040448_n.jpg

サンタさんからプレゼントをもらう・・・・


49009425_315920175916307_9192055128197169152_n.jpg

このサンタさん、ベルトをつけたほうがいいかもね。

49010367_735645503486375_4531487292405055488_n.jpg


待ってるあいだもワクワク。


49140203_2098356353556827_2535311197599694848_n.jpg


このサンタさん、 だぁれだ?


****    こぼれ話


ネパールは
ヒンドゥー教が多くを占め、
チベット仏教の人も多いが
キリスト教は少数派。

セワ・ケンドラでは
責任者のラム・ナラヤンさんとジュリアナさん夫婦が
カトリックで
スタッフのミナさんも、もとシスターだった人。

だから、キリスト教の行事はきちんと行われている。

多神教のヒンドゥー教の人たちは
他宗教にもおおらか。

みんなで楽しむ。

この日も楽しくおいしい一日。

theme : 海外ボランティア
genre : 福祉・ボランティア

プロフィール

スッカ

Author:スッカ
セワ・ケンドラの日々ーみんな、生まれてきてよかったね!
のブログへようこそ!!!
ネパールはポカラにある知的障害者通所施設、セワ・ケンドラを作り、運営してきて15年、日本の事務局をやっているスッカ(ネパール語でしあわせ)です。
代表は「大天使ミヤ」
日本から経済面のサポートをしつつ、現地での交流を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR